情熱の学校 インフォメーション・ブログ

セミナー情報・お知らせ・ブランディング情報など、
情熱の学校から皆さまにお伝えしたい情報を掲載しています。

2017.05.13

エサキブログ

【ブランディング一考】今こそ、大企業には真似できない、中小企業だからこその伝え方を見つけに行きましょう!

今回は、大企業が真似できない、中小企業だからこその伝え方(広告・販促・PR)について書きたいと思います。というのも、長くこれまで中小企業さん達の伝え方と言えば、大企業の真似といいますか・・・いやそれ以前に、真似ようにも予算が、技術が到底ついていかないため、真似すらできない状況だったと思います。 

「テレビに広告出すなんてできやしない! ケーブルテレビだったらなんとかとも思うけど、その広告効果は比較にならない」「みんなが知らない業界紙・誌は利用したことあるけど、みんなが知っている雑誌・新聞を告知メディアとして考えた事もない」「もちろん有名タレントと契約する事も夢のまた夢」

だからテレビを利用する手段は、もっぱらPRとしての「あれ」ですよね。 そう、街ブラ・食レポとかの情報番組に取材してもらって、その流れでテレビにでるってやり方。基本的にはメディアに露出するためのお金はいらないので、中小企業の皆さんにとっては絶好の宣伝機会という訳です。「有名な番組がいつか我が社を取材してくれないかな〜」って指をくわえて待っている会社やお店も多いはず。

そんな中、インターネットという新しいメディアが95年ぐらいから一般化しはじめ、最近では中小企業企業さんにとっても有難い宣伝メディアになっています。 それは、誰の力も借りる事なく、自社でコンテンツを作り、自力で情報発信できる、まさに中小企業にとってうってつけの伝え方。 宣伝費はマス4媒体(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌)とは比べものにならないほど安い。っていうかタダ!(でできちゃいますよね) 

さらにコンテンツを制作するにしても、最近では素人さんでも使いこなせるツールが増えましたので、やろうと思えば、広告代理店や制作会社にお願いしなくても作れちゃうという時代です。 やったー!!! それなら、インターネット(のSNSや動画配信サービスなど)をメディアとして使って、告知コンテンツは自社でつくって自社のホームページへどんどん誘引して!!! って多くの中小企業さん達が、それぞれに動き始めています。

で、ここからが、今回のブランディング一考! ちょっと考えてみてください。

それはそれで、どんどんやってもらったらいいのですが、でも、それさえも大企業の真似事ではないですか? それ以前に、予算の問題があるからインターネット&自力で作るコンテンツっていう発想自体が、なんかちょっとね〜って思いませんか? まー、大企業を意識しすぎるとか、大企業に勝ちたいとかではなくて、やっぱり、このご時世、大企業も、その手法で既に、ガンガンやっています。 そう、お金をかけて、戦略的インターネット活用、レベルの高いコンテンツ作りをやっちゃっています。

でで、思うのです。

インターネットもコンテンツもそれはあくまで仕組み・仕掛けのフレームにしか過ぎないという事。 もっとも大事なのは、中小企業だからこその、中小企業にしかできない(大企業が「我が社もやりたいけど、私たちには到底できない」と言わせられるような)新しい伝え方を、これから考えていきましょう!という事なんです。

・小さな会社規模だから作れる「コンテンツ」
・家族的経営だから生まれる「アイディア」
・社長同士の繋がりが濃いいからできる「企画」
・社員さん達の家族もよくわかっているから実現できた「表現」
などなど!!

以前も書きましたが「中小企業社歌」は、実はそのうちのひとつ! 大企業なような大きな組織では、到底できない中小企業だからこその、素晴らしい伝え方だと思っています。 

という事で、ここからが、すべての始まり、チャンスだと僕は思っています! 既存の伝え方に囚われる事なく、形式や常識の殻を思いっきり破り、今こそ中小企業の皆さんが、中小企業だからこそ、いや、自社だからこそ「できる伝え方」で、本当の御社の価値を伝える時代を歩む努力をいたしましょう!!

おそらく、実現のヒントは「社内、社外、関係者、みんなでやる!」だと思います。

いかがですか? 一緒に、考えてみませんか?!